超低磁場MRIに向けた勾配バイアス磁場を用いた光ポンピング原子磁気センサの周波数帯域制御 (MEとバイオサイバネティックス) Bandwidth control of optically pumped atomic magnetometer with gradient bias magnetic field toward ultra-low field MRI

この論文をさがす

著者

抄録

超低磁場MRI(ULF-MRI)において,画像改善や計測時間短縮などのため,帯域の広いMR信号を計測する必要がある.光ポンピング原子磁気センサ(OPAM)を用いたULEMRIでは,このMR信号の帯域にOPAMの周波数帯域が対応していないとMR画像のアーチファクトやSNR低下の原因となる.本研究では,OPAMを用いたULF-MRIの画像改善や計測時間短縮に向け,OPAMのバイアス磁場として勾配磁場を用いた周波数帯域制御について検討した結果,バイアス磁場の勾配を制御することによりOPAMの帯域を制御可能なことが確認された.

In ULF-MRI systems, MR signals with broad bandwidth are necessary to be measured for better MR images and shorter acquisition time. In an ULF-MRI with an optically pumped atomic magnetometer (OPAM), the bandwidth of the OPAM and MR signals should be the same to avoid artifacts of MR images and increase signal-to-noise ratio. In this study, signals of magnetic field response are estimated by numerical analyses and measured by an OPAM with gradient bias magnetic field. The results indicate that the bandwidth control of OPAM with gradient bias magnetic field is feasible.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(373), 75-80, 2013-12-21

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009902152
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025143644
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ