反パラレル結合構造による入出力直接結合を利用したマルチモード帯域通過フィルタの伝送零点生成手法 (マイクロ波) A Generation Technique of Transmission Zeros for Multimode Bandpass Filter Using Direct S/L Coupling Produced by Antiparallel Coupling Structure

この論文をさがす

著者

抄録

マイクロ波帯域通過フィルタにおいて,阻止域に生成可能な伝送零点数は合成理論上,共振器数Nと同数に制限される.ところが近年,入出力直接結合部分に反共振特性を持つ構造などを付加し,それを利用することによって合成理論上の限界値を上回る(N+1)個の伝送零点を実現したフィルタが報告されている.それに対して本稿では,付加構造を用いずに理論上の限界値を超える伝送零点数を生成する手法を提案する.その手法では,マイクロ波平面フィルタでよく用いられる反パラレル結合構造の入出力線路において,入出力直接結合の符号が周波数によって反転することを見出し,それを用いて(N+1)個の伝送零点を生成する.その実現例として,結合行列の最適化によってフィルタ合成を行った後,合計4個の伝送零点によって非常に急峻なスカート特性を有する3モードフィルタを設計する.本稿の議論の有効性は電磁界シミュレーション,回路解析,実験によって検証している.

According to a general filter synthesis theory, the number of transmission zeros (TZs) that can be generated by a coupled resonator filter has an upper limit, which is the same as the number of resonators N. In recent years, it has been reported that the introduction of an antiresonant direct source/load (S/L) coupling makes it possible to realize (N+1) TZs, but its conventional coupling mechanism needs additional structures. This paper proposes a generation technique of TZs for a multimode bandpass filter by employing a frequency-dependent S/L coupling inherently provided by an antiparallel coupling structure of input/output lines. As an example, we design a three-mode H-shaped resonator filter having three reflection zeros in passband and four TZs in stopbands, based on a coupling-matrix optimization method. The effectiveness of discussions in the paper is validated through circuit and electromagnetic simulations, and measurements.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(45), 25-30, 2014-05-22

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009903047
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025513823
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ