A-022 グリフ作成を支援するドローツールの開発(A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング,一般論文) A-022 Development of drawing tool which supports making of a Glyph

この論文をさがす

著者

抄録

絵を使って多変量データを可視化する「グリフ」と呼ばれる手法がある.グリフは色や面積といった属性にデータの変量が割り当てられた絵を組み合わせ,多変量データを表現する.これによりデータの特徴を直感的に読み取ることが可能になる.しかし,与えたデータに対して作成者の考える絵のルールが常に満たされるようなグリフを設計し作成する作業は手間がかかる.本研究の目的はこのグリフの作成,及び利用を容易にすることである.そのためにドローツールのような感覚で絵を描いていく過程で絵のルールを与えることができ,さらにそうして作成したグリフのコード生成を行うツールの開発を行った.

収録刊行物

  • 情報科学技術フォーラム講演論文集

    情報科学技術フォーラム講演論文集 13(1), 103-106, 2014-08-19

    FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009904995
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1242354X
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ