三井呉服店PR誌『花ごろも』の刊行 : 中山白峰・尾崎紅葉「むさう裏」をめぐって Hana-goromo, the Magazine of the Mitsui Department Store : Reading Hakuho Nakayama and Koyo Ozaki's Serial "Muso-ri"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

明治三二年に刊行された三井呉服店のPR誌『花ごろも』に中山白峰・尾崎紅葉の「むさう裏」という小説が掲載されている。そこにおいては、小説の作中人物の衣服と、三井の商品紹介の頁で語られる衣服とが連鎖しており、その戦略は後続のPR誌『夏模様』に掲載された尾崎紅葉・泉鏡花「月下園」でも反復されている。また、PR誌のテクストは、それぞれの物語内容からも消費やモードに対する欲望を喚起させようとしていた。

The Mitsui, one of the earliest and largest department stores in Japan, started its commercial magazine Hana-goromo in 1899. Among other articles there was a serial entitled "Muso-ri" by Hakuho Nakayama and Koyo Ozaki. The serial not only gave a literary taste to the brochure but also had the function of advertisement. For the fashion was depicted in the text in such a way as to interact with the one exhibited in the ad columns. This strategy would be repeated in Koyo Ozaki and Kyoka Izumi's "Gekka-en," which was serialized in Hana-goromo's succcesor Natsu-moyo. The literary serial in the commercial magazine thus provoked the desire of consumers and controlled fashions.

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009905240
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197092
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03869903
  • NDL 記事登録ID
    5424413
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z13-438
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ