動物愛護をめぐる課題(1)多頭飼育崩壊の背景と変遷

この論文をさがす

抄録

現在,所有明示措置の実施率と不妊去勢手術の実施率は増加傾向にある一方で,多頭飼育崩壊の問題は多発しており,深刻化している。多頭飼育崩壊にいたるまでには,避妊去勢の未実施という直接的な要因の他に,飼養者の精神疾患を含む健康状態の悪化や,経済的問題や人間関係,高齢化,その他の問題など,複数の要因が影響していることが把握された。多頭飼育崩壊の背景や要因を検討する中で,改めて,動物の適正飼育の必要性が捉えられた。

収録刊行物

  • 北翔大学北方圏学術情報センター年報

    北翔大学北方圏学術情報センター年報 6, 67-71, 2014

    北翔大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009905760
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12403451
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    2185-3096
  • NDL 記事登録ID
    025946344
  • NDL 請求記号
    Z71-Y222
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ