文化財プロジェクションマッピング : その展示と評価 (映像表現&コンピュータグラフィックス) -- (映像表現・芸術科学フォーラム2015) A Projection Mapping of Cultural Heritages, Its Exhibition and Evaluation

この論文をさがす

著者

    • 迎山 和司 MUKAIYAMA Kazushi
    • 公立はこだて未来大学大学院システム情報科学研究科 Graduate School of System Information Science, Future University Hakodate
    • 小林 真幸 KOBAYASHI Masayuki
    • 公立はこだて未来大学大学院システム情報科学研究科 Graduate School of System Information Science, Future University Hakodate

抄録

プロジェクションマッピング(PJM)とはプロジェクタで投影された映像を実際の物体の形に沿って貼り付ける手法の事を指す.本研究は文化財にPJMを適用する事により,文化財の新しい展示方法を提案する.具体的には北海道道南地域の文化財に対して当時の様子の再現などを盛り込んだ映像を投影し展示を行った.そこから鑑賞者の反応を分析し,本展示方法の評価を行った.本論文ではそこで得られた知見を報告する.

Projection Mapping (PJM) is a technique for displaying visuals such as computer graphics onto buildings or walls using projectors. This paper proposes a new exhibition system for cultural heritages, and introduces one example that a show of a cultural heritage in Hokkaido south region, projecting a movie to revive textures onto it. This paper describes evaluation of this proposal system.

収録刊行物

  • 映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 39(14), 15-18, 2015-03

    一般社団法人映像情報メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009937109
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059086X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1342-6893
  • NDL 記事登録ID
    026299612
  • NDL 請求記号
    Z16-1010
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ