マルウェア対策のための研究用データセット : MWS Datasets 2014 Datasets for Anti-Malware Research : MWS Datasets 2014

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 秋山 満昭
    • 日本電信電話株式会社,NTTセキュアプラットフォーム研究所 NTT Secure Platform Laboratories, Nippon Telegraph and Telephone Communication Corporation
    • 神薗 雅紀
    • 株式会社セキュアブレイン,先端技術研究所:独立行政法人情報通信研究機構 Advanced Research Laboratory, Securebrain Corporation:National Institute of Information and Communications Technology
    • 畑田 充弘
    • エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 NTT Communications Corporation

抄録

マルウェアの脅威に対し様々な研究対策が盛んに行われているが,近年の脅威は攻撃の多様化や高度化により,研究を進める上で基礎となる"研究素材の収集と共有"が困難な状況が続いている.このような状況に対して,必要となる情報を収集して客観的な評価と研究成果の共有を容易にするためのデータセット(MWS Datasets 2014)を作成した.本稿では,MWS Datasets 2014を構成するD3M 2014,FFRI Dataset 2014,NICTER Darknet Dataset 2014,および昨年度のMWS Datasetsから引き続き提供されるCCC DATAsetおよびPRACTICE Datasetの概要を説明する.

Many security researches have continued to take countermeasures against malware threats. However, diversification and evolution of the recent attack make it increasingly difficult to collection and sharing of dataset for security research. For such a problem, anti-Malware engineering Workshop (MWS) collected data related with malware threats and made the datasets (MWS Dataset 2014) for studies to evaluate the proposals and share the research achievements. In this paper, we introduce an overview of MWS Datasets 2014 comprised of D3M 2014, FFRI Dataset 2014, and NICTER Darknet Dataset 2014. CCC DATAset and PRACTICE Dataset axe additionally contained in the datasets.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ   [巻号一覧]

    電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ 114(115), 125-131, 2014-06-26  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009947527
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10060811
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025634333
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ