テキストマイニングによる介護施設の利用者受入要因の分析 : 若年性認知症患者の受入調査から (言語理解とコミュニケーション) -- (第5回テキストマイニング・シンポジウム) Factors analysis of care facilities to admit users by Text Mining : survey of admission condition of early-onset dementia patients

この論文をさがす

著者

    • 大山 恭史 OHYAMA Yasushi
    • 産業技術総合研究所生物プロセス研究部門(北海道センター) Advanced Industrial Science and Technology (AIST), Hokkaido center
    • 池田 望 IKEDA Nozomu
    • 札幌医科大学保健医療学部作業療法学第二講座 School of Health Sciences, Sapporo Medical University

抄録

若年性認知症患者は相当数の存在が推測されていたが、これまで高齢認知症患者へのサービス拡充が図られる一方で、今日まで対応が遅れてきた疾病である。その実状は近年になりようやく把握され始めており、高齢認知症患者と同レベルの福祉サービスの提供が急務となっている。2012年度、札幌医科大学は札幌市の委託を受けて、市内986箇所の介護・リハビリテーション施設への当該患者受け入れ状況に関する書面アンケート調査を実施した。同調査報告書は項目選択式およびリッカート式による設問に対する回答を元にまとめられた。本研究では、この他に設けていた自由記述形式設問(回答数301事業所)の回答についてテキストマイニングによる分析を行い、語群構造体と呼ぶ様式に整理する事で受け入れを可能にする要素や条件のより詳細な同定を試みた。

Text Mining was carried out, which is for response in free-style description of Sapporo city's survey about facilities admission condition of early-onset-dementia patients. Considering process of care facility activities, words group structures for each decision factor were extracted from results of Text Mining.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(211), 7-9, 2014-09-11

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009950305
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091225
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025839136
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ