原子磁気センサモジュールによる事象関連脱同期及び事象関連脳磁界の計測 (MEとバイオサイバネティックス) Measurements of event-related desynchronizations and event-related fields with an atomic magnetometer module

この論文をさがす

著者

抄録

生体磁気計測の分野では,実用化に向けて小型化された様々な種類の光ポンピング原子磁気センサ(OPAM)が開発されている.これまで我々は,脳磁図(MEG)等の生体磁気信号計測を目標として,Kを使用したポンプ-プローブ型の超高感度光ポンピング原子磁気センサを開発してきた.本研究では新たに開発したモジュール型センサを用いて,開眼閉眼切り替え時のヒトのMEG計測を行った.その結果,8-13Hz帯における事象関連脱同期(ERD)及び事象関連脳磁界(ERF)を捉えることに成功した.また,超伝導量子干渉素子(SQUID)を用いた商用の全頭型MEG装置を用いて計測した結果と比較することで,計測結果の妥当性を検証した.

In the field of biomagnetic measurements, various miniaturized optically pumped atomic magnetometers (OPAMs) have been developed for practical use. We developed a compact module of high-sensitivity potassium OPAM that used a pump-probe arrangement. In this study, we attempted to use it to measure human magnetoencephalograms (MEGs). Compared with the results obtained with conventional SQUID-based whole cortex MEG system, we could successfully detect event-related desynchronizations in the 8-13 Hz band and event-related fields associated with eyes opening cued by beep sounds. The results demonstrate the feasibility of the OPAM module for neuromagnetic field measurements.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(258), 31-36, 2014-10-18

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009958771
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025919897
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ