クラウド上に設置した図書館情報システムを用いた授業実践 A Seminar of Library Information System on Cloud Computing Services in University Class

この論文をさがす

著者

抄録

本事例報告では,クラウド環境に設置した図書館情報システムを用いた授業実践とその効果について述べる。図書館業務において,図書館情報システムは今や不可欠なシステムであるが,大学の授業において図書館情報システムを扱った実践はそれほど多く見られない。本実践においては,実際の業務で使用される図書館情報システムをクラウド環境に設置することで,多くの受講生が同時に操作し,演習を行うことが可能になった。また,授業後の受講生に対するアンケート結果では,図書館情報システムについて,敷居が高い,困難であるとのイメージが,身近に感じられた,簡単にできる事が分かったとのイメージへと変化していたことが分かった。

This paper shows a practice using library information system on cloud computing services in university class. In Japan, there are few practices using library information system in university class. Using a "Cloud computing service", the practice was able to exercise by many students in the same time. This paper also shows effectiveness and future tasks of class in analyzing the evaluation by students. For example, many students showed the changes image of library information system, from unfamiliar image to familiar image.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 65(7), 313-318, 2015

    社団法人情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009970950
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    026560299
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ