FPGAのリングオシレータを利用した温度モニタ (ディペンダブルコンピューティング) A Temperature Monitor Using Ring-Oscillators on FPGA

この論文をさがす

著者

抄録

VLSI動作時の信頼性確保に,チップへの温度モニタの搭載が有効であり,リングオシレータを用いてその周波数から温度測定するモニタが提案されている.リングオシレータによる温度モニタをFPGAで実現する場合,配線遅延ばらつきが大きいため,温度の推定精度が悪化する問題がある.本論文では,FPGAの特徴を利用した温度モニタ用リングオシレータの構成について検討し,リングオシレータ内の配線遅延のばらつきを抑え,発振に影響するトランジスタ構成を制御可能な設計手法を提案する.そして,提案手法が温度モニタの温度推定精度を向上し,高精度な温度モニタを実現可能であることを示す.

On-chip temperature monitors are often used to guarantee the reliability of VLSIs and monitors using ring oscillators have been proposed. When the temperature monitors are implemented in FPGA, estimation accuracy will be varied much by a large amount of wire delay variance. This paper discusses a structure of a temperature monitor using ring oscillators on FPGA and proposes a design method that can reduce wire delay variation of ring oscillators. Then, the experimental data shows that the proposed ring oscillators are able to realize a high accuracy temperature monitor.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(384), 7-12, 2014-12-19

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009977160
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11645397
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026027365
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ