終端短絡スタブを用いた超広帯域帯域通過フィルタの設計 (マイクロ波) Design of Ultra Wide-Band Bandpass Filters Using Short-Circuited Stubs

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、短絡スタブを用いた帯域通過フィルタ(BPF)について、まず短絡スタブの数および配置方法によるフィルタ構造の変化を調べ、回路解析を行うことにより、この種のBPFの理論特性を明らかにする。次に最適化計算による設計方法を開発し、最適化設計の条件を変えることにより、フィルタ回路のパターンや設計値を柔軟に選択できることを示す。最後に、マイクロストリップ線路を用いたUWBBPFを設計、試作、測定し、提案した設計理論と手法の有効性を実証する。

In this paper, a novel synthesis theory of bandpass filters using short-circuited stubs is proposed. First, the variation of the filter structure with the number and the connection method of the stubs is investigated. The theoretically realizable characteristic function of this type of BPF is derived based on the analysis of the filter circuit. Next, a design method of the filter using optimization method is developed, and it is shown that by changing the conditions in the optimization, we can make flexible choice of the filter pattern and design parameters. Finally, a microstrip UWB BPF is designed and fabricated, and its measured frequency response verified well the proposed design theory and method.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(376), 125-131, 2014-12-18

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009977464
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026032700
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ