MRIを用いた脳神経磁場イメージング : 機能的結合計測に向けたシミュレーションとファントム実験 (MEとバイオサイバネティックス) Neuromagnetic resonance imaging : Simulation and phantom studies toward functional neuro-connectivity measurement

この論文をさがす

著者

抄録

近年,脳研究の分野において脳内の機能的結合の解明は主要な課題となっている.しかしながら,これまでに機能的結合を直接計測する手法は未だ開発されていない.我々は,MRIを用いた脳神経磁場イメージングによる機能的結合計測の可能性を調べるため,スピンロック撮像法を用いて得られるMR信号に脳神経磁場の位相が与える影響について検討を行った.ブロッホ方程式に基づくシミュレーション実験と,脳神経磁場に擬した振動磁場を発生させるループコイルおよびダイポール電極を内部に有するファントムを用いてMR撮像実験を行った.その結果,ファントムから生じる振動磁場の位相に依存してMR信号が変化することが確認された.以上は,本手法を用いた機能的結合計測の可能性を示すものである.

Recently, one of the main issues in the field of brain reasearch has been to clarify the functional neuro-connectivity in the brain. However, the problem is that any modality that can dilectly measure the functional neuro-connectivity has not been developed. In this study, in order to investigate a possibility of functional measurement by neuromagnetic resonance imaging, we discussed an influence of a phase of neural magnetic field on MR signals detected by using spin-lock imaging. By simulation and phantom studies modeling the neuronal magnetic fields, we showed that MR signals vary depending on a phase of the externally applied oscillating magnetic fields. This result suggests that the neuromagnetic resonance imaging is promising to measure functional neuro-connectivity.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(361), 27-32, 2014-12-13

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009977480
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026027985
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ