光ポンピングK-Rbハイブリッド原子磁気センサにおけるアルカリ金属原子の密度比に関する検討 (MEとバイオサイバネティックス) On the density ratio of alkali metal atoms in an optically pumped K-Rb hybrid atomic magnetometer

この論文をさがす

著者

抄録

光ポンピングK-Rbハイブリッド原子磁気センサは、セル内部のセンサ特性の空間均一性の高さから生体磁気計測への応用が期待されているが、セルに封入されたKとRbの密度比により、その特性は大きく変化する。本研究では、セル内部でのスピン偏極の拡散とポンプ光の減衰を考慮した数値計算モデルを用いて、封入する原子密度を変化させた場合の磁場応答信号を実験結果と比較するとともに、センサの信号強度およびその空間均一性を最適にするKとRbの密度比を求めた。

An optically pumped K-Rb hybrid atomic magnetometer is expected to be applied to biomagnetic measurements for its spatial homogeneity of the sensor property inside a cell. However, since the property varies depending on the density ratio of potassium and rubidium atoms, the otimization of the density ratio is essential. In this study, by using a numerical model considering the spatial distribution of the spin polarization, we confirmed the calculation results have a good agreement with the experimental data without depending on the densities of the alkali metal atoms, and determined the optimal density ratio to maximize the output signal and enhance its spatial homogeneity.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(361), 33-38, 2014-12-13

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009977481
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026028025
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ