生態学におけるAICの誤用 : AICは正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない(<特集2>生態学におけるモデル選択) Misuse of Akaike Information Criterion in ecology : AIC does not choose correct models because AIC is not aimed at the identification of correct models(<Feature 2>Model selection in Ecology)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生態学におけるモデル選択の方法として広く使われている赤池情報量規準(AIC)について、真のモデルを特定するために使うことは本来の目的から離れていることを指摘し、サンプルサイズが大きくてもAIC最小という基準で真のモデルが選ばれない確率が無視し得ないほど大きいことを単純な数値例で示した。また、AICの値に閾値を設けて、AICの値が他のモデルより小さくしかも差の絶対値が閾値を越えているときのみにモデルを選ぶとしても、真のモデルが選ばれない確率が高いという問題点は解決されないことを示した。

収録刊行物

  • 日本生態学会誌

    日本生態学会誌 65(2), 179-185, 2015

    一般社団法人 日本生態学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009978735
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193852
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-5007
  • NDL 記事登録ID
    027096847
  • NDL 請求記号
    Z18-43
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ