データ分析を用いたサービス品質の管理 : カーリルのデータ分析活用事例から (特集 データ分析によるサービス改善) QoS management using the data analysis : case of "calil.jp"

この論文をさがす

著者

抄録

図書館蔵書検索サイト「カーリル」は各図書館がウェブ上に公開した蔵書情報をウェブスクレイピング技術により統合的に扱えるようにすることで利便性の高いウェブサービスを実現した。図書館の新規開館や閉館,移転や統合などにあわせて提供する情報は常に変化している。また,システムのリニューアルなどデータ連携に関わる変化は日常茶飯事である。変化する情報を迅速に調整し,より正確な情報をユーザーに提供することはカーリルにとって一番重要な業務である。本稿では,経験則的にカーリルが実践してきたサービス品質の管理手法についてまとめるとともに,データを生かした新たな図書館サービスの可能性について提案する。

The website "calil.jp" for library collection search has realized a user-friendly service by integrating collection information of many libraries available on the web by means of web scraping. Library information is incessantly changing due to opening, closure, move or merge of libaries as well as system renewal or other changes in data communication. Calil focuses on timely processing of the changing information for providing as accurate information as possible. The present article summarizes the company's empirical methods for quality of service (QoS) management, and proposes new library services based on data accumulated in the operation.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 65(10), 430-433, 2015

    社団法人情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009986632
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    026766162
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ