19世紀にセネガルに運ばれたインド産藍染綿布ギネ : フランスが介在した植民地間交易の実態とその背景 Export of Indian guinee to Senegal via France : intercolonial trade in the long nineteenth century

この論文をさがす

著者

    • 正木 響 MASAKI Toyomu
    • 金沢大学人間社会研究域経済学経営学系:ボストン大学アフリカ研究センター

抄録

本研究は、19世紀にフランス領インドのポンディシェリで生産され、フランスを介在してセネガルに運ばれ、そこでローカルな交易の交換手段として利用されていた藍染綿布ギネ(guinee)の植民地間交易の実態に迫ることを目的とする。本論文の構成は以下のようになる。まず、先行研究に基づいて、セネガルでギネが交換財、つまり貨幣として受容されるに至る背景と、フランスが19世紀にポンディシェリにてギネの大量生産を行うに至る経緯を見る。次に、ギネの特徴やセネガルにおけるギネの利用方法と、フランスからセネガルに輸出されたギネの量と価格の変遷およびポンディシェリ産ギネの比率を1833-1921年期間について示す。また、19世紀には、フランスのボルドー港が当該交易のハブとなっていた事実も明らかにする。続いて、このギネ交易を管理するために19世紀に発令された法律等を時系列に沿って提示し、幾度となく繰り返されるフランスの政策見直しや経済環境の変化が,グローバルに散らばる各アクター間の利害対立や諸関係の変化を招いたことを強調する。

This study focuses on the intercolonial trade in Indian guinee [Guinea cloth], a blue cotton cloth produced in the French-controlled Indian territory of Pondicherry and exported to Senegal via France. Several works have shown that guinee cloth functioned as a currency in local trade-especially as a means of exchange for Arabic gum along the Senegal River. However, few studies focus on the broader issues of the global guinee trade. This study seeks to answer a series of questions using historical records obtained from Pondicherry, France, and Senegal: why the cloth had to be produced in Pondicherry, how much guinee cloth was transported to Senegal via France, and how the French government controlled this trade. In the process, the paper presents trade data for the period 1833 to 1921: the quantities and prices of the guinee exported from France to Senegal and Pondicherry's share in the total imports of guinee into France. It also explains the transition in trade policy and the reactions of each stakeholder. The significance of this study lies in the fact that it highlights the long-term global linkages between Pondicherry, France, and Senegal through the guinee cloth trade.

収録刊行物

  • 社会経済史学

    社会経済史学 81(2), 239-260, 2015

    社会経済史学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009986646
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00406090
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0038-0113
  • NDL 記事登録ID
    026698148
  • NDL 請求記号
    Z3-408
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ