四字漢語の語構成パターンの変遷(<特集>近代語研究の今とこれから) Diachronic Change in Sino-Japanese Word Formation : Focus on Four-Character Words(<Special Issue>Current Topics and Prospects in the Study of Modern Japanese)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

現代日本語では,漢語の造語力が低下し,外来語の増加に及ばないなどとよく指摘される。しかし,これは,二字漢語に限って言えることであり,既成漢語の複合によって造られる三字漢語と四字漢語は,むしろいまでもその造語力が生かされているように思われる。三字漢語と四字漢語は日常的によく使われているものの,その中の一部しか辞典類に登録されないためもあって,二字漢語に比べ,研究者の間で注目されることが少ない。このような現状に鑑み,小論では,四字漢語の語構成パターンに焦点を当て,蘭学期・明治期・現代という3期の資料を通して,通時的にどのような変化が見られるかを探ってみた。

It is said that new vocabulary items in contemporary Japanese are more likely to be loanwords (especially from English) rather than Sino-Japanese words. While this is true if attention is limited to Sino-Japanese words written with two characters, Sino-Japanese words written with three or four characters are still created quite productively. Such longer words are commonly used but have not attracted as much attention as two-character words, in part because many of these longer words are not listed in dictionaries. This study investigates the formation patterns of four-character Sino-Japanese words and the diachronic changes in those patterns during the Edo, Meiji, and contemporary periods.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 11(2), 50-67, 2015

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009988716
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    026295548
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ