入力反射特性を用いたパラメータ抽出法によるフィルタリングアンテナの設計 (電子デバイス) Design of a Filtering Antenna Based on Parameter-Extraction Method Using Input Reflection Responses

この論文をさがす

著者

抄録

フィルタリングアンテナとは,N段帯域通過フィルタの最終段の共振器をアンテナに置き換えたアンテナである.このフィルタリングアンテナの設計には外部Q値,結合係数,放射Q値の評価が必要である.しかし,従来のフィルタ設計法では外部Q値と(N-2)段目の共振器までの結合係数しか決定できない.そのため,従来の設計で(N-1)段目の共振器とアンテナ間の結合係数ならびにアンテナの放射Q値を直接的に抽出評価した例は無い.そこで本稿では,それらの値を抽出評価するために,入力反射特性を用いたパラメータ抽出法を提案する.提案法では,アンテナの放射を考慮した共振器直結形回路をフィルタリングアンテナの等価回路モデルとして取り扱い,解析的に抽出式を導出している.そして,提案抽出法を用いたフィルタリングアンテナの設計法も示す.最後に,例として5段フィルタリングアンテナの設計を行い,提案設計法の有効性を検証している.

The filtering antenna is basically composed of an N-th order bandpass filter obtained by replacing N-th resonator with an antenna. In the design of filtering antenna, external Q factor, coupling coefficients, and radiation Q factor need to be evaluated. However, a conventional design method for bandpass filters cannot extract a coupling coefficient between the N-th. resonator and the antenna, and the radiation Q factor of the antenna. In this paper, we propose a parameter-extraction method using input reflection responses to extract both the coupling coefficient and the radiation Q factor of the antenna. For this method, we analytically derive two equations from an equivalent circuit model of filtering antennas in order to express the coupling coefficient and the radiation Q factor. As an example, a fifth-order filtering antenna is synthesized and designed, which numerically validates the effectiveness of the proposed design method for filtering antennas.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(391), 117-122, 2015-01-15

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010008492
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10012954
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026147935
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ