PLC命令列のハードウェア化とOpaque Predicatesによる難読化の検討 (リコンフィギャラブルシステム) Obfuscated Hardware Implementation of PLC Instructions with Opaque Predicates

この論文をさがす

著者

    • 宇山 和輝 UYAMA Kazuki
    • 豊橋技術科学大学工学研究科情報・知能工学専攻 Department of Computer Science and Engineering, Toyohashi University of Technology
    • 藤枝 直輝 FUJIEDA Naoki
    • 豊橋技術科学大学電気・電子情報工学系 Department of Electrical and Electronic Information Engineering, Toyohashi University of Technology
    • 市川 周一 ICHIKAWA Shuichi
    • 豊橋技術科学大学電気・電子情報工学系 Department of Electrical and Electronic Information Engineering, Toyohashi University of Technology

抄録

知的所有権保護のため,プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の命令列を保護・隠蔽する技術が求められている.命令列のハードウェア化による保護が試みられているが,難読化手法の適用により制御回路の解析・改ざんは更に困難になる.本研究では,PLC命令列のハードウェア化にOpaque Predicatesを適用する方法を検討する.小規模な2種類のPLC命令列に本手法を適用した結果,演算器等の回路追加に伴って,論理規模とFan-out数の増加が確認されたが,動作周波数への影響は軽微であった.

Tamper-proofing technology for instruction sequences of programmable logic controllers (PLCs) is required to protect trade secrets in them. Converting them to logic control circuits is an attractive solution. The circuits can be even more difficult to be analyzed with obfuscation techniques at the conversion. This study presents a method for employing an obfuscation technique, called opaque predicates, in the process of converting PLC instructions to logic circuits. According to the results of our preliminary evaluation, the logic scale and the total fan-outs were increased as a result of the addition of arithmetic cores and peripheral circuits.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(428), 221-226, 2015-01-29

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010009827
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12046591
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026151004
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ