輪郭制御点摂動に基づく多フォント同時アライメント (パターン認識・メディア理解)

この論文をさがす

著者

抄録

我々の日常生活には多種多様なフォントが存在する.こうしたフォントを工学的に取扱う場合に如何にフォントの分布を解析するのか,という検討課題がある.本報告の目的は,フォントの分布解析の一つとして,様々なフォントの標準形状を探ることにある.この標準形状を求める手段として,前報ではフォント画像に対して既存手法であるCongealingを用いた.本報告ではフォントの輪郭線を構成する制御点を摂動し, Congealingの枠組みで多様なフォント画像を同時にアライメントし,どのようなフォントの標準形状が得られるかを確認する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(454), 7-12, 2015-02-19

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010011226
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026248019
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ