対象の重なりを許容した大局的最適な多物体同時追跡 (パターン認識・メディア理解)

この論文をさがす

著者

抄録

多物体の追跡における問題の1つとして対象の重なりが挙げられる.本報告では,対象の重なりを許容した大局的最適な多物体同時追跡の手法を提案する.具体的には3段階の最適化手法を用いることで,この問題の解決を試みる.提案手法の対象の重なりに頑健な追跡結果が得られることを示すために,対象の重なりが発生する動画像を用いた検証を行った.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(454), 75-80, 2015-02-19

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010011721
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026248123
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ