弾性マッチングに導入する非マルコフ的制約の検討 (パターン認識・メディア理解)

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,弾性マッチングにおけるパターン間の対応付けについて,多様な制約を与えることにより,時系列パターンの認識の高精度化を検討している. 2パターン間の最適な弾性マッチングを求める方法としては動的計画法が知られている.動的計画法では制約条件としてマルコフ的制約,つまり隣接時刻での関係しか制約できないという限界がある.すなわち,非隣接時刻間のマッチングの詳細な制御はできなかった.動的計画法の代わりにグラフカットを利用する解法によりその限界を解消する手法が提案された.非マルコフ的制約下において,時系列パターンの認識の高精度化に有効な制約について検討する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(454), 191-196, 2015-02-19

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010011747
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026249130
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ