学術情報流通とオープンデータ (特集 オープンデータ) Scholarly Communication and Open Data

この論文をさがす

著者

抄録

オープンデータは制度面ならびに技術面における再利用性が確保された情報公開の枠組みであり,学術情報流通分野でも国内外で積極的に取り組みが進められている。本稿では図書館による書誌・典拠の公開をはじめとして学術コミュニティ,デジタルアーカイブなどのオープンデータの事例を紹介する。また,既存のデータベースをオープン化する際に必要となるライセンシングに関して実例を通じて議論する。

Open data is a framework of information disclosure which have legal and technical reusability of data. In the domain of scholarly communication, libraries, academic societies and digital archives have worked to unlock their own asset to the public. This paper introduces the cases of scholarly open data and discuss an issue for licensing of conventional databases.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 65(12), 503-508, 2015

    社団法人情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010017353
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    026947390
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ