歴史資料のデジタル化とオープンデータ化の実際と理念(<特集>オープンデータ) Idea and reality of digitization of historical documents and their open data service(<Special feature>Open Data)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

歴史資料のデジタル化とオープンデータ化について,いくつかの事例を想定しつつも,その課題を抽出して広く援用できるように論じる。まず,その対象をなるべく広げることを主眼に,歴史資料とは何かについて論じる。次に,デジタル化の一連の作業段階に応じて留意すべき点を述べる。すなわち,対象資料決定の段階,資料の整理・メタデータ付与の段階,実際のデジタルデータ作成の段階,公開の段階である。

The article presents problems to be addressed in digitization of historical documents and their open data service by generalizing experiences in several actual cases. After characterizing "historical documents" in broad sense, specific problems in individual steps of digitization (selection of documents to be processed, organization of documents and metadata assignment, preparation of digital data, and public release) are discussed. In addition, comments are made on feedbacks after release and their utilization. Final remarks are concerned with the solution of problems associated with digitization.

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010017355
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    026947470
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ