スライドノートを活用する講演字幕ツールCaPPTioner UT1の実用化 (福祉情報工学) Practical Implementation of CaPPTioner UT1 : a Captioning Service Tool Which Utilizes Speaker's Note of Presentation Slides

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは,小規模な講演会や研究発表会を対象とした,手頃な講演字幕ツールの実用化に取り組んだ.実用化に際して,8点の主な開発目標を設定し,それぞれの項目について開発を行った.本稿では開発目標のうち,複数に分離していたツールの統合,講演に影響を与えるような副作用の低減,字幕訂正を可能にすることによる字幕編集機能の改良,予測変換機能の改良とIPtalkとの連携機能の実装からなる入力補助機能の改良の4点に関して述べる.さらに,統合後のツールを用いたユーザ評価を実施した.改良の余地は見受けられたものの,情報保障のためのツールとして一定の有効性を確認した.

The authors focused on providing the practical implementation of a reasonable captioning service tool especially for small workshops or group presentations. We figured out eight main aspects of improvements and each point has been successfully developed. This paper describes the results about integration of sub-tools, reduction of side effects, improvements of the caption editor, and input assistance with predictive Kana-Kanji transform and IPtalk interconnection. In addition, the user experiment of the integrated tool was conducted. In conclusion, although the integrated tool still need to be improved in some aspects, the effectiveness of our captioning service tool can be verified to a certain extent.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(512), 141-146, 2015-03-13

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010021414
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026322198
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ