MR Spectroscopyにおける疎性を用いた周波数スペクトル再構成の検討 (ニューロコンピューティング) Study on spectral reconstruction using optimization with their sparsity in MR spectroscopy

この論文をさがす

著者

抄録

磁気共鳴スペクトロスコピー(MRS)は,核磁気共鳴現象を利用した分光法であり,生体内に存在する化学物質の種類や量を非侵襲に計測できる.そして,本手法は,脳腫瘍の評価や代謝の計測などに用いられる計測手法である.一般的なMRSのスペクトル再構成法である高速フーリエ変換を用いた手法では,周波数分解能確保のために長い取得時間が必要となる.一方,生体に適用する場合,長い取得時間はSNRの低下やアーチファクトの原因となる可能性がある.本研究では,近年MRIへの適用も進展している圧縮センシングを用いたスペクトル再構成法を提案し,取得時間の短縮の可能性について検討した.ミオイノシトールファントムのMRS計測データを用いた再構成実験の結果,圧縮センシングを用いたスペクトル再構成により周波数広がりを抑制したスペクトル再構成が可能であり,本手法を用いることにより取得時間の短縮が可能であることが確認された.

Magnetic resonance spectroscopy (MRS) is one of the chemical analyses with nuclear magnetic resonance (NMR), which is able to measure the NMR spectra non-invasively. In general, although spectra reconstructions with fast Fourier transformation have been utilized in MRS measurements, long acquisition time has been required to obtain high resolution in frequency domain. However, long acquisition time may cause artifacts and low signal-to-noise ratio. In this study, we proposed a spectra reconstruction method with compressed sensing using L1-norm optimization. MR signals obtained from 100 mM myo-Inositol phantom were compressed, and their spectra were reconstructed by FISTA, which is one of the L1-norm optimization algorithms, and zero-filled FFT. These results showed that the acquisition time was able to be reduced by FISTA with suppressing spread of the spectra.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(515), 7-12, 2015-03-16

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010021659
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026327747
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ