蘭学者の音声分析と五十音図 Goju-onzu and Sound Analyses by Rangaku-sha

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は、蘭学資料に見られる「アルファベット表記の五十音図」の特徴とその掲載目的を考察するとともに、蘭学者がこの音図に基づいて行った音声分析について述べたものである。蘭学資料の音図は、従来日本語をアルファベット表記したものという程度の認識であったが、本稿では、蘭学学習においてこの音図が「音節」の概念を理解するために重要な役割を果たしたことを示した。また、蘭学者中野柳圃がこの音図によって行った音声分析を国学者の記述と比較した。当時の国学者がワ行音を「ア行音+ア行音」「喉音」と捉えていたのに対し、柳圃はアルファベットと音図によって「子音+母音」「唇音」という結論を導き出したことを指摘した。

This paper illustrates the features of the "alphabetical Goju-onzu" in Rangaku historical materials, and examines the reason of Rangaku-sha (Students of Rangaku) intentionally showing it in the materials, focusing on the sound analyses by Rangaku-sha on the basis of the Onzu. The Onzu in the Rangaku materials has been recognized only as the alphabetical letters of Japanese sounds so far. This paper argues that the Onzu played an important role in order for Rangaku-sha to understand the concept of "syllable" using the sound diagram in Rangaku-learning. This paper also compares the description of the sound analyses of Kokugaku-sha (Students of Kokugaku) with that of the sound analyses of a Rangaku-sha, NAKANO Ryuho. Kokugaku-sha recognized wa-gyo sounds as "a-gyo sounds + a-gyo sounds" and "guttural", while Rytaho recognized them as "consonant + vowel" and "labial" by the Dutch sounds and Onzu.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 11(3), 1-15, 2015-07

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010022683
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    026608390
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ