TOWADA : THE WONDERLAND : 十和田市現代美術館プロジェクションマッピング (映像表現&コンピュータグラフィックス) -- (映像表現・芸術科学フォーラム2016) TOWADA : THE WONDERLAND : A Projection Mapping at Towada Art Center

この論文をさがす

著者

抄録

構造物の形に沿って映像を投影するプロジェクションマッピング(PJM)は今日では広く認知されるようになった.特に日本では東京駅舎のPJMを皮切りに全国各地で積極的に行われている.なぜなら,屋外建築へのPJMは注目が集まり集客効果が高いからである.本作品も同様の効果を期待されて,青森県十和田市の催事の一つとして企画された.場所は十和田市現代美術館である.本論文ではPJMの具体例として,同様の企画を実現するための参考になるように,作品の内容と評価について報告する.

Projection Mapping (PJM), a technique for displaying visuals onto buildings or walls using projectors, has been known in public in the world today. Also, there were many events in Japan after Tokyo Station PJM, because PJM has the effect to attract many people. This work at Towada Art Center has made the same reason as an event by Towada city, Aomori prefecture. This paper describes the story and the evaluation as one sample to understand the way to make a similar PJM work.

収録刊行物

  • 映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 40(11), 77-80, 2016-03

    一般社団法人映像情報メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010055478
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059086X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1342-6893
  • NDL 記事登録ID
    027209165
  • NDL 請求記号
    Z16-1010
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ