介護職の職業的課題が与える人材確保問題に関する研究 Research on the Human Resources Problems due to Occupational Characteristics of the Nursing Profession

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2025年には団塊の世代が後期高齢者となり、介護職が37.7万人不足すると予想されている。なぜ介護職のなり手がいないのか。いたとしてもなぜ働き続けられないのか。そこで介護職の職業的特性について検討し、マンパワーの確保を進めていくための論点を明らかにする。ここで明らかになったことは介護が職業として成立した当時の影響を受けていること、職業としての専門性が確立していないこと、介護職の養成制度間の関連付けがされていないこと、キャリアアップシステムがないこと、所属する法人による労働環境の未整備である。今後、更に増していく人材不足に対応するためには特効薬はなく、職業的課題を地道に解決することしかないのが現状である。

Baby boomers become old-old in 2025, long-term care workers are expected to lack377,000 people. Why there are no long-term care workers. Do care workers is not whycontinue working. So consider the professional features of the nursing profession, to clarifythe issue of order to promote the securing of manpower. Here it has become clear thatlong-term care are affected at the time was established as a profession, the expertise ofthe profession has not been established, it has not been the associated with the care workersof training system, career that there is no system, it is an underdeveloped place of employment of the working environment. The future, in order to cope with the shortage ofhuman resources, which will further increase is not magic bullet, at present, not only tosolve steadily vocational challenges.

収録刊行物

  • 尚美学園大学総合政策論集

    尚美学園大学総合政策論集 22, 23-41, 2016-06-30

    尚美学園大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010059752
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12006349
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13497049
  • NDL 記事登録ID
    027633226
  • NDL 請求記号
    Z71-M997
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ