海外図書館を訪問する人のために--どう準備し、実践するか Lonely Planet : Foreign Libraries

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

海外図書館を訪問・見学する際の準備・実践について、経験・反省点を報告する。訪問にあたっては、明確な動機・問題意識・目的設定が不可欠である。訪問先候補をリストアップ・選定し、コンタクトをとり、訪問の承諾を得て、スケジュールを組む。訪問に先立って予習が不可欠である。予習は先方に対する基本的な礼儀である。また余裕ある訪問・見学のためにも、予習を充分に行なうのがよい。事前質問票の送付には、先方に回答を用意する時間を持ってもらう、こちらの訪問意図を具体的に伝える、こちらの熱意を伝える等の効果がある。予習した上で事前質問を作成することによって、疑問点が明確になる。訪問当日に集中できるよう、充分な事前準備が必要である。帰国後に調査結果をまとめ、発表・報告を行ない、次のステップへとつなげる。

収録刊行物

  • 大学図書館問題研究会誌

    大学図書館問題研究会誌 (28), 15-26, 2005-06

    大学図書館問題研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120001506874
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11893377
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    13489186
  • NDL 記事登録ID
    7385066
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-362
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ