主に女性研究者の結婚に伴う改姓・旧姓と目録・書誌・データベース類について Library for Learning Ladies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

研究者にとって姓名はライフラインである。しかし、日本の女性にとって改姓はほぼ避けられない問題であり、かっ研究者の旧姓使用は必ずしも可能・有効ではない。結婚により改姓する女性研究者は多く、結果、論文・業績における改姓名と旧姓名の混在・断絶といった弊害がしている。この問題に対し、書誌・目録・データベース類は充分にフォローされてはいない。旧姓名を知らなければ旧姓名論文を検索することはできないし、改姓名を知らなければ改姓名論文を検索できない。また、システムによっては、併記やハイフンによる結合姓を検索できない場合がある。研究者情報データベースの類も、旧姓名・改姓名の混在を充分にフォローできていない。このような現状において、図書館・図書館職員は、データベースの不備を改正する、レファレンス時に留意する、利用者に注意を喚起するなどの対応策をとる必要がある。

収録刊行物

  • 大図研論文集

    大図研論文集 (24), 1-22, 2002-08

    大学図書館問題研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120001506879
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00382447
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    02866862
  • NDL 記事登録ID
    6686705
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-362
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ