大学生における速読トレーニングの効果の検証 The effect of speed reading training for university students

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

眼球運動と視野の広さのトレーニングを中心とした, 簡易な速読トレーニングを作成し, 大学生27名に実施した。文章の難易度や文字方向(縦書き・横書き)によってトレーニング効果が異なるかどうかも検討した。(a)眼を素早く流暢に動かす眼球運動トレーニング, (b)視野を広げ, 一度の注視で広範囲の情報を得る視野トレーニング, (c)素早く読むことに慣れる実践トレーニングの3ステップから構成されたトレーニングを, 1日5-10分ずつ3週間行った。トレーニングを受けた群のほうが, 受けなかった群よりも, 全トレーニング後の読み速度が速かった。ステップごとにみると, 視野を広げるトレーニングの後に, 特に読み速度が速くなった。文章の難易度別にみると, 難しい文章においてはトレーニング効果がみられなかったが, 易しい文章において読み速度が速くなった。さらに文字方向別にみると, 全体的に, 縦書きの文章において, 横書きの文章におけるよりも読み速度が速い傾向があったものの, 文字方向とトレーニングの効果の交互作用はみられなかった。簡易なトレーニングであっても, 特に視野を広げるトレーニングが, 読み速度を上げるのに有効であったといえる。

収録刊行物

  • 広島大学心理学研究  

    広島大学心理学研究 (9), 159-170, 2009 

    広島大学大学院教育学研究科心理学講座

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120002023622
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11616129
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13471619
  • NDL 記事登録ID
    10663685
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-C807
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ