子どもと保護者に対する携帯電話販売説明の訪問調査--フィルタリング・メール受信拒否と店員の問題意識 Research which visited and investigated to know the situation of explanation when mobile-phone shop sells mobile-phone to children and protector

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

ケータイ被害から子どもを守るため、青少年インターネット環境整備法施行後6ヶ月経過した時点で、フィルタリング設定、メール受信拒否設定、ネットいじめの方法や有害情報に対する携帯電話販売員の知識・理解と説明度を調べるため、青森県内携帯電話ショップの3割を目標に訪問調査した。その結果、自社のフィルタリングサービスの種類と加入の必要性について理解し、ユーザーに説明した販売員は約5割、各社サービスと対象年齢との関わり、方式の違い、カテゴリー分類等の内容になるとその理解も説明の割合も大幅に減じ、本法を説明した販売員は0%であった。また、メール受信拒否設定の説明は1割、有害情報やネットいじめ方法等の認識は低かった。これらの結果を踏まえ、販売会社へ要請書を手渡し、至急の改善を求めた。

収録刊行物

  • 弘前大学教育学部紀要

    弘前大学教育学部紀要 (103), 85-93, 2010-03

    弘前大学教育学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120002063314
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00211590
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    04391713
  • NDL 記事登録ID
    10666191
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z22-83
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ