Sハプロタイプに基づくBrassica rapa L. Oleifera Groupに属するツケナの遺伝的関係 Genetic relationships of Tsukena of Brassica rapa L. oleifera group based on S-haplotypes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

B. rapa L. Oleifera Groupのツケナの中から、'大和マナ'の位置づけを明確にするために、アブラナ科植物の自家不和合性を制御しているSハプロタイプに着目して、品種・系統間の遺伝的関係を明らかにした。'大和マナ'および形態的に'大和マナ'と類似していることが確認されたツケナの合計11品種・系統が有するSハプロタイプを推定するため、各個体からクラスI SLGとクラスII SP11対立遺伝子をPCRクローニングした。得られた増幅断片の配列から35種類のクラスIと4種類のクラスII Sハプロタイプが同定され、そのうち新規なSハプロタイプは21種類含まれていた。各品種・系統に蓄積されたSハプロタイプに基づくクラスター分析を行った結果、3つのクラスターに分類された。'大和真菜'(大和農園)を除く'大和マナ'はいずれも第Iクラスターに分類された。この結果は、他のツケナと比較して'大和マナ'は遺伝的に近い集団であることを示唆している。

収録刊行物

  • 近畿中国四国農業研究

    近畿中国四国農業研究 (14), 41-46, 2009-03

    近畿中国四国農業研究協議会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005318927
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11691179
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    13476238
  • NDL 記事登録ID
    10288675
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z74-D169
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ