発汗によるポリグラフ検査の検討 Study of the polygraph test using sweat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

犯罪に関する情報を検出することを目的とするポリグラフ検査において、発汗量を用いた検出を試みた。その結果、発汗の挙動を電気活動にて測定する皮膚電気活動による検出成績と同様の結果が得られた。This study examined that the concealed information was detected by the polygraph test using sweat. As a result, the polygraph test using sweat obtained same activity which measures the action of perspiration test by electro-dermal activity.

収録刊行物

  • 研究紀要

    研究紀要 (15), 135-139, 2014-03

    関西国際大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005427067
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11544811
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13455311
  • NDL 記事登録ID
    025360642
  • NDL 請求記号
    Z71-J422
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ