University Website Optimization and Google Scholar for Academic Recognition (Steve McCarty教授 退職記念号) University Website Optimization and Google Scholar for Academic Recognition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

論文この論文は、大学のグローバル・ランキングと研究を発表する学者の認知度を同時に高めるために、大学の諸ステークホルダーが何を達成できるか明示してみる。大学のあらゆる学界・社会への貢献を最大限認められるために、ウェブサイトの最適化、研究リポジトリー、グーグル・スコラーのプロフィールを活用させる具体的な作戦をすすめる。主なグローバル・ランキングの組織とグーグル・スコラーが明確にした基準を応用する上に、効果的なウェブサイトの作り方と学界の開放的な倫理も議論する。京都、大阪、神戸の私立大学8件の例を取り上げ、国際化と研究業績によって比較した結果で、ほとんどの大学のランキングの上がる可能性が大きいと結論する。This paper shows what individual stakeholders can do to raise the global rankings of their university along with the academic profile of scholars who publish. In order to receive due recognition, many specific strategies for optimizing university Websites, research repositories, and Google Scholar Profiles are recommended, according to the stated criteria of global university ranking organizations and Google Scholar, along with generally effective Web practices and an ethic of openness. The rankings of eight leading private universities in the Kansai region of Japan (Kyoto, Osaka, and Kobe) are compared and analyzed in terms of internationalization and publications, showing where universities are outperforming their peers (in one case) or underperforming (in most cases), which indicates great scope for improvement in world rankings. However, this is shown to be best achieved by involving all possible stakeholders in the public face of the university on the Web, and by treating their teachers well.

収録刊行物

  • 大阪女学院短期大学紀要

    大阪女学院短期大学紀要 (44), 17-29, 2014

    大阪女学院短期大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005576097
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00029189
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0387-7744
  • NDL 記事登録ID
    026247272
  • NDL 請求記号
    Z12-427
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ