学術用語におけるラテン語の影響についての研究 The Study on the Influence of the Latin language on English Technical Terms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

ラテン語は現在、死語といわれている。しかし今も英語、特に自然科学分野の書物や文献の中で生き続けている。英語の多くは古典語、すなわち古典ギリシャ語やラテン語に由来しているといわれている。今回、まずラテン語の歴史および学術用語の構造について概説した。そして、自然科学分野の英単語に多く残っているラテン語由来の英語の不規則な複数形を取り上げ、英語への導入年代を調べた。その結果、多くの不規則な複数形は、ラテン語の主格名詞の複数由来で、16~17世紀に英語に導入されたものであることがわかった。18世紀には英語の文法が確立し、国際語として英語が拡大するのに伴い、ラテン語の影響力は衰えていった。Latin is now said to be a dead language. However, it has still survived in English, especially in books and papers of natural science. Many English words are derived from classical languages, ancient Greek and Latin. In this paper, I outlined the history of Latin and the structure of academic terms. Then, I listed English irregular plurals derived from Latin, which are often used in natural science, and examined the time they were introduced into English. As a result, I found out that most of the English irregular plurals originated from the plural forms of subjective nouns in Latin, and were introduced into English between the 16th and 17th centuries. In the 18th century, English was grammatically established as language. At the same time, the influence of Latin on English waned, while English increased its popularity as an international language.

収録刊行物

  • 長崎国際大学論叢

    長崎国際大学論叢 13, 1-9, 2013

    長崎国際大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005578685
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11766493
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1346-4094
  • NDL 記事登録ID
    024732092
  • NDL 請求記号
    Z71-F36
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ