この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究は,大学生の危険な飲酒の実態および生活習慣との関連について検討することを目的とした。1~4年の大学生1,583名を対象に,アルコール使用障害特定テスト(AUDIT)や生活習慣を含む質問紙調査を実施し,アルコール依存症のリスクが高いことと関連する要因について検討した。その結果,喫煙習慣,男性,週2回以上の運動とアルコール依存症のリスクが高いこととの間に関連が認められた。飲酒が習慣化するのは大学入学後が最も多かった。アルコール依存症のリスクが高い人では,低い人に比べてアルコールに対して良いイメージを持つ,飲酒の頻度が高い,アルコール教育に対する関心が低い人の割合が高かった。また,少数ではあるが非常に危険な飲酒をしている学生の存在が明らかになった。今回の結果から,アルコール依存のリスクには大学入学後の環境及び生活習慣が大きく関わるということが示唆された。In this study, we investigated the factors associated with the high-risk drinking behavior among university students. A total of 1,583 Ehime University students participated in this study. Participants filled out a self-administrated questionnaire containing an AUDIT (alcohol use disorders identification test) and questions concerning lifestyle behaviors. The results showed that students at high-risk of developing alcohol dependence were more likely to be male, smokers, and those engaged in physical activity more than twice a week. Results indicated that most habitual drinking began subsequent to college admission. Compared to low-risk students, high-risk students had more positive images of alcohol, more opportunities to drink, and displayed less interest in alcohol education. Some students had drinking habits that were considered extremely dangerous. These results suggested that the environment of students and lifestyle subsequent to university admission had a significant impact on high-risk drinking.

収録刊行物

  • 大学教育研究ジャーナル

    大学教育研究ジャーナル 11, 69-76, 2014-03

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005594354
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1199130X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    18811256
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ