児童生徒の視力と各種環境因子及び遺伝因子との関連 Relationships between Visual Acuity and Environmental and Genetic Factors in Elementary Schoolchildren and Junior High School Students

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

平成24年度の学校保健統計調査1)によると,裸眼視力1.0未満の児童生徒は年々増加傾向にある。視力の低ドは日常生活に支障をきたすがそれだけではなく,その度合いが強くなると,将来,緑内障や近視性網膜症,白内障などの重篤な疾患を続発する危険性が高くなる2)ことから,児童生徒の視力低ドに対する予防対策が必要である。ただ,児童生徒の視力への影響因子は広く報告されているにもかかわらず,詳細な調査によって広範囲に検討された研究は少ない。従って本研究の目的は,視力低下を招く可能性のある屋外活動や姿勢をはじめ,勉強中の目の疲れ,教科書を見る様子,教室の明るさ,勉強時間,スポーツ実施時間,テレビやゲームに費やす時間などを児童生徒にアンケート調査し,さらには,家族の視力,両親の近視の有無メガネやコンタクトレンズの使用状況,子どもが勉強やゲームをしている状況,テレビゲームの使用制限,子どもの習い事,子どもの朝食摂取や睡眠等の生活習慣などを,保護者にもアンケート調査することによって,児童生徒の視力と各種環境因子や遺伝因子との関連を明らかにすることである。福井県内の小学生726人(小学4,5年生),小学生の保護者722人,中学生795人(中学2,3年生),中学生の保護者770人の合計3,013人に,巻末の資料1~資料3に記載したアンケート調査を行った。本研究のアンケート回収率は,児童生徒が95.8%,保護者が98.7%であったが,3,013人の回答の中から,不完全な回答のデータを除き,小学生695人,その保護者702人,中学生762人,その保護者770人の合計2,929人のデータを分析した。本研究より,次のような結果が明らかになった。(1)学校で勉強している時目の疲れをよく感じている児童生徒は視力が比較的悪く,目の疲れをほとんど感じていない児童生徒は視力が比較的よい,(2)教科書を見る時目を近づけないように気をつけている児童生徒の多くは,視力が比較的よい,(3)教室の明るさについて丁度よいと感じている生徒の多くは,視力が比較的よい,(4)学校で勉強している時目の疲れをよく感じる児童生徒の多くは,教科書を見る時いつも目を近づけて見てしまう,(5)学校で勉強している時目の疲れをよく感じる児童の多くは,教室が「明るすぎる」,「暗すぎる」と感じている,(6)学校で勉強している時目の疲れをよく感じる児童の多くは,先生の話を聞く時いつも姿勢が悪くなる,(7)教科書を見る時目を近づけすぎないように気をつけている児童の多くは,教室の明るさが丁度よいと感じている,(8)教科書を見る時目を近づけすぎないように気をつけている児童の多くは,先生の話を聞く時いつも姿勢よく聞いている,(9)普段家の外で遊んだりスポーツをしたりしてよく身体を動かしている児童の多くは,視力が比較的よい,(10)スポーツ少年団やスポーツクラブに入っている生徒の多くは,視力が比較的よい,(11)視力の比較的よい母親は児童生徒も視力がよく,視力の比較的よい父親の生徒は視力がよい。以上の研究結果が,児童生徒の視力低下に対する予防策の一端として活用されることを期待する。

収録刊行物

  • 福井大学教育実践研究

    福井大学教育実践研究 (39), 31-42, 2014

    福井大学教育地域科学部附属教育実践総合センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005660749
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10403339
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1342-7261
  • NDL 記事登録ID
    026196313
  • NDL 請求記号
    Z7-B997
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ