転写資料記述のための概念モデルの特徴と課題 (デジタル化された博物館資料に関する情報記述法の研究) Features and Issues of a Conceptual Model for Description of Copied Materials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿は共同研究プロジェクトにおいて国立歴史民俗博物館以外の研究者が所属する機関が所蔵している資料を「転写資料記述のための概念モデル(以下,本モデル)」で記述してみることにより,本モデルの適用可能性を検証するとともに,本モデルの特徴と課題について考察したものである。記述対象は東京大学史料編纂所の『島津家文書』の転写資料,東京国立博物館の《松林図屏風》の転写資料,国立民族学博物館の「ウズベク民族の帽子」の転写資料およびビデオテーク番組である。本モデルがこれまでの情報記述の枠組みと大きく異なる点は「転写する過程」を強く意識した点と「アナログとデジタルの区分なく管理する」点である。情報資源の記述というと,対象をいかに詳細に記述するのかということを目的にした研究が多いが,本研究は詳細化には立ち入らず,あくまで展示等の準備段階で生じた多様な転写資料を管理することを目的としている。また,これまではアナログはアナログ,デジタルはデジタルというように分離して扱うことが多いのに対して,本モデルではアナログとデジタルを区別しない。これは今までありそうでなかったフレームワークであり,全体として博物館の資料管理という実務的なところに焦点を当てている点が最大の特徴である。実際に概念モデルにしたがって記述してみたところ,どの資料も問題なく記述できており,本モデルの適用可能性はかなり高いことが示された。しかしながら,いくつか課題も見えてきた。一つ目は運用の問題である。本モデルを構築した動機は転写資料を実際に管理することであるが,メタデータを記述するだけでは,転写資料間のつながりを把握することは難しく,別途転写管理システムが必要になるだろう。二つ目の課題はメタデータ記述についてで,特にエレメントの拡張を認めるかどうかについては検討が必要である。三つ目はモデルとしての限界,すなわち転写の複雑性にどこまで対応可能かどうかという点である。This article is both a verification of the possibility of application of the conceptual model for description of copied materials (hereafter, "this model") through looking at how the materials held by the institutes where non-National Museum of Japanese History researchers in this joint study were based were described by this model, and a consideration of the features and issues of this model. The targets for description were the copied materials of the Shimazu Family Documents (Shimazu-ke Monjo) in a volume edited by the University of Tokyo Historiographical Institute, the Shorin-zu Byobu screens in the Tokyo National Museum, and the "Uzebek Tribesman Hat" and videotape programs held by the National Museum of Ethnology.The biggest differences this model has with the framework of existing information descriptions are the strong emphasis on the copying process and management that does not distinguish between analogue and digital. In terms of descriptions of information resources, there is a large amount of research that focuses on just how detailed the descriptions of the target can be; however, this study was not about increasing detail, but only about managing the variety of copied materials. In addition, in contrast to the previous handling of analogue with analogue, digital with digital, in this model analogue and digital are not separated. This is a framework that while seems likely to have been used before, was in fact not, and overall the focus on its practical working aspects for object management in museums is its principal feature.When we tried to describe it in actual practice using the conceptual model, all materials were able to be readily described, and this model was shown to have high application potential. However, there were a few problems as well. The first is the issue of operation. The motivation for constructing this model was to actually use it in managing copied materials, but merely describing the metadata made it hard to grasp the connections between copied materials, and so a separate copy management system appears to be needed. The second issue is about the metadata, and in particular study is required on whether to recognize element expansion. The third is its limits as a model; or in other words, how far the complexity of the copy can be supported.

収録刊行物

  • 国立歴史民俗博物館研究報告

    国立歴史民俗博物館研究報告 176, 239-266, 2012-12

    国立歴史民俗博物館

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005748996
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00377607
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    0286-7400
  • NDL 記事登録ID
    024290221
  • NDL 請求記号
    Z8-2017
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ