リーダーケアマネジャーのスーパービジョンにおける意義と課題

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

 本研究はリーダーケアマネジャーに対するスーパービジョンの意義と課題に関して,最近の英国のスーパービジョン研究における展開を踏まえ,2 つの調査研究を元に検証したものである.第1 の研究はケアマネジャーの現状と課題分析を目的に実施した主任介護支援専門員に対する質問紙調査であり,第2 の研究は主任介護支援専門員を対象に行ったグループインタビューである.この調査の結果としてリーダーケアマネジャーとしてのスキルアップ,他の人との関わりの意義,他者への期待と,自身に対する自信のなさ,時間的・精神的ゆとりのなさの間に乖離が生じている現実が示された.スーパービジョンの手法の不明確さの改善については,ケアマネジメントの知識・技術の向上のための方法と,スーパーバイジーとその環境の調整を目指す目的を達成する多面的な方法が求められる.英国のモリソンらのモデルの応用も視野に入れることが示唆された

収録刊行物

  • 日本福祉大学社会福祉論集 = Journal social Welfare, Nihon Fukushi University

    日本福祉大学社会福祉論集 = Journal social Welfare, Nihon Fukushi University 135, 1-21, 2016-09-30

    日本福祉大学社会福祉学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005854733
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11400425
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    1345-174x
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ