非行克服支援プログラム試論(2)親・家族支援編 Essay 2 of Support Program for Overcoming Delinquency : Editing for Parents and Family

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

 筆者は,本論集134 号で「非行克服支援プログラム試論1-子ども・若者支援編-」(以下試論1とする)を発表した.試論1は,わが子の非行・問題行動に対して,支援者と親・家族が協働し,あるいは,親・家族が対応できる非行克服支援プログラムを意図して執筆したものである. 一方,子どもが非行・問題行動を起こすと「世間」は,当事者である子どもだけではなく,その親や家族までをも攻撃の対象としてしまうことが多く,逃げ場のない親や家族はわが子の非行・問題行動に振り回されるとともに,「世間」の白眼視や攻撃にさらされるという,二重の苦しみを受けることが多いので,親・家族の支援も重要な課題である. 試論2は,苦しむ親たちに伴走者として支援する支援者が活用することを想定して,親たちが二重の苦しみから抜け出し,荒れるわが子と向き合うことができる力を取り戻すための支援技法等について考察したものである.

収録刊行物

  • 日本福祉大学社会福祉論集

    日本福祉大学社会福祉論集 (135), 77-109, 2016-09

    日本福祉大学社会福祉学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005854738
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11400425
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1345-174X
  • NDL 記事登録ID
    028403125
  • NDL 請求記号
    Z6-174
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ