日本語Twitterユーザーの中国人についての言説の計量的分析 : コリアンについての言説との比較 A Quantitative Analysis of Japanese Twitter Users' Public Opinions of Chinese People : A Comparison with Their Opinions of Korean People

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究は,Twitter における中国人についての日本語のツイートを収集し,高(2014,人文研究)が分析したコリアンについてのツイートと比較しつつ計量的な分析を行った。中国人についてのツイートの多くはネガティブなものであり,ポジティブなツイートはコリアンについての言説の場合よりも少なかった。中国人についてのツイートも,少数のユーザーが多くの投稿をしており,コリアンについてのツイートほどではないが,一般的なツイートに比べて"拡散"されやすかった。また計量テキスト分析により,特定の保守的なニュースサイトや活動家,"2 ちゃんねる"や"2 ちゃんねるまとめブログ"が強い影響力を持つことが示された。これらに加えて,レイシズム,歴史問題や外交問題,政治や経済への言及,マスメディアへの不信,"真実"が隠されているという信念,情報を"拡散"もしくは共有しようという意図,などに注目して計量テキスト分析を行なった。This study gathered Japanese tweets(statements posted on Twitter) regarding Chinese people and conducted quantitative analysis to compare them with tweets regarding Koreans, which was analyzed by Taka (2014, Studies in Humanities). The majority of the tweets regarding Chinese people were negative, and there were fewer positive tweets among those regarding Chinese people than those regarding Koreans. There was a tendency for a few users to post large numbers of tweets. In addition, tweets regarding Chinese were diffused more frequently than general tweets, and less than those regarding Koreans. Furthermore, quantitative text analysis revealed a strong influence of a conservative news site, a famous far right activist and an anonymous BBS site "2 channel" and its curator sites("2 channel-matome-blogs"). In addition, quantitative text analyses focusing on racism, historical or diplomatic issues, references to politics or economics, distrust of mass media, beliefs in the actual "truth" being hidden, and intention to diffuse or withhold informationwere conducted.

収録刊行物

  • 人文学研究所報

    人文学研究所報 (53), 73-86, 2015-03

    神奈川大学人文学研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005860349
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00122854
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0287-7082
  • NDL 記事登録ID
    026332653
  • NDL 請求記号
    Z22-447
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ