障害児臨床心理学という方法 Method called clinical psychology for disabled child

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

障害児臨床現場で培った認識や思考方法により行った講義と、同講義に対する学生の感想や疑問に答え、さらに掘り下げた、次回の講義の記録である。まず合意的理性によるやりとり、ズレを認めあえる関係や場作りが重要。次に、問いを立て、状況をとらえ、実践との間を往復して進める方法を採用している。This is the record to the next lecture which base on the lecture given with the experience fostered at the field of clinicalpractice in disabled child's clinical site, and byanswering to the student's impressions and questions, studied in depth. As for the beginning, it is important to have a communication based on the cooperative rational mind and to establish the relationship and atmosphere where can accept the discrepancy. Adopting a method which then put a question, understand thesituation, and to go back and forward betweenan actual practice.

収録刊行物

  • 福祉社会学部論集

    福祉社会学部論集 35(3), 3-15, 2016-12-01

    鹿児島国際大学福祉社会学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005944374
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11572329
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    13466321
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ