職務満足度からみる学校図書館の現状 Evaluating a school library based on job satisfaction of school librarians

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

研究ノート(Note)公的な教育施設であるために一律なイメージで捉えられがちな学校図書館であるが、実際は地域や学校の多様な状況、価値観の上に成立して異なり、外部から学校図書館の運営実態を把握することは難しい。本稿では、いわば質的に差が生じている学校図書館の状況を判別するために、働く人(学校図書館員)の職務満足度を調査、統計的手法によってスコア判定、活力ある図書館として運営されているか否かの評価に資することを考える。School libraries are established on diverse situations and values of communities and schools, and their quality is not uniform. Therefore, school libraries can not be evaluated uniformly. In this paper, instead of item survey, I attempt to evaluate whether the school library is in a negative situation or in a positive situation from the job satisfaction of the person working there.

収録刊行物

  • 同志社政策科学院生論集 = Doshisha policy and management review

    同志社政策科学院生論集 = Doshisha policy and management review 6, 17-33, 2017-03-01

    同志社大学政策学部・総合政策科学研究科政策学会

各種コード

ページトップへ