研究者を支援する評価分析ツールの構築 機関リポジトリと研究者総覧を活用した視認度評価分析システム Development of researcher-helpful evaluating and analyzing tool : The Research Visibility Analysis System using the institutional repository and the researcher directory

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

視認度評価分析システムは,教育研究活動成果の視認性に関する客観的指標を研究者単位で統合し,提供することによって,研究者や教育・研究機関の活動を支援することを目的としたシステムである。機関リポジトリの進展と新・研究者総覧システムの開発とを背景に,信州大学が主担当となり,埼玉大学,慶應義塾大学と連携して平成20年度から構築を進めている。本稿では,システム開発の背景と理念,システムの具備すべき要件および開発の現況を報告する。

The Research Visibility Analysis System presents each researcher the objective indicators about the visibility of education and research activities and aims supporting researchers and research institutes. Based on the progress of institutional repositories and the development of the new researcher directory system, Shinshu University has been developing the system since 2008 with Saitama University and Keio University. We discuss the background, the principle of this project as well as the requirements and the development status of the system.

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 52(9), 523-533, 2009

    科学技術振興機構

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000126227
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    10452840
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般) // ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ