科学技術研究における多様なメトリクスの重要性 一研究者の視点から The importance of metrics for evaluating scientific performance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 宮川 剛 MIYAKAWA Tsuyoshi
    • 藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 システム医科学研究部門 Division of Systems Medical Science, Institute for Comprehensive Medical Science, Fujita Health University

抄録

研究者の実績評価がどのように行われるかは,研究者個人はもちろん,大学や研究所など研究機関の日々の活動の方向性を左右する重要な要因である。研究ポジションの数に比して研究者人口が過剰であることや,競争的資金の研究予算における比重が増す中,客観的な評価指標の重要性が認識されつつある。近年,諸外国では,研究者個人の論文の総引用数,各年の総引用数,h-indexなどのさまざまな研究実績に関する数値的指標(メトリクス)が考案され,研究者の採用・昇任などの人事や,研究提案審査時に参考資料として活用されている。しかし,わが国においてはこのような取り組みが十分に進んでいるとは言いがたい状況である。本稿では,科学技術研究において客観的評価指標が求められる背景と各種メトリクスの紹介を行う。さらにメトリクスを普及させるための方策,活用上の留意点,その波及効果について,一研究者としての視点から議論し提言を行う。

Evaluation of scientific performance is a major factor that determines the behavior of both individual researchers and the academic institutes to which they belong. Because the number of researchers heavily outweighs the number of available research posts, and the competitive funding accounts for an ever-increasing proportion of research budget, some objective indicators of research performance have gained recognition for increasing transparency and openness. It is common practice to use metrics and indices to evaluate a researcher's performance or the quality of their grant applications. Such measures include the number of publications, the number of times these papers are cited and, more recently, the h-index, which measures the number of highly-cited papers the researcher has written. However, academic institutions and funding agencies in Japan have been rather slow to adopt such metrics. In this article, I will outline some of the currently available metrics, and discuss why we need to use such objective indicators of research performance more often in Japan. I will also discuss how to promote the use of metrics and what we should keep in mind when using them, as well as their potential impact on the research community in Japan.

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 55(3), 157-166, 2012

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001855926
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    023665922
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ