中学校教師におけるバーンアウト尺度の因子構造の検討 Factorial Validity of a Burnout Scale for Japanese Junior High School Teachers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国では,バーンアウトの測定についてMaslach Burnout Inventory(MBI)の邦訳が多く使用されているが,教師を調査対象とした場合,原尺度通りの3因子が抽出されず,因子構造が不安定であることがさまざまな研究者により示されてきた。そこで本研究では,中学校教師を対象に,日本語版バーンアウト尺度(久保,1998)とSRS-18(鈴木・嶋田・三浦・片柳・右馬埜・坂野,1997)を使用し,バーンアウトと短期的ストレスとの関連性の観点から,教師を対象とした場合の日本語版バーンアウト尺度の因子構造を検討することを目的とした。調査は3回に分けて実施され,異なる3つの地域の中学校教師,合計1,313名が対象となった。日本語版バーンアウト尺度の確認的因子分析を行い,また共分散構造分析による日本語版バーンアウト尺度とSRS-18との関連を検討した結果,バーンアウトは,情緒的消耗感,脱人格化,個人的達成感の低下の3因子から捉えることが適切であると確認された。

The Japanese language version of the Maslach Burnout Inventory (MBI) and the Japanese Burnout Scale (Kubo, 1998) are often used in Japan for measuring burnout. Many researchers have reported that when these are used with teachers, the factor structure of the MBI changes. This study examined the factor structure of junior high school teachers' burnout using the Japanese Burnout Scale with confirmatory factor analysis. Junior high school teachers from three different districts (<i>N</i>=1,313) were surveyed about burnout and completed the Stress Response Scale-18 (SRS-18; Suzuki et al., 1997). Based on a confirmatory factor analysis and in relation to the SRS-18, it was confirmed that it is most appropriate to measure the burnout condition of junior high school teachers on the basis of three factors: emotional exhaustion, depersonalization, and individual accomplishment.

収録刊行物

  • パーソナリティ研究

    パーソナリティ研究 21(3), 278-290, 2013

    Japan Society of Personality Psychology

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003363141
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-8406
  • NDL 記事登録ID
    024690238
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ