妥当性概念の歴史的変遷と心理測定学的観点からの考察 Validity : Historical and Psychometric Perspectives

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 妥当性とは曖昧な構成概念を扱う心理学にとって, もっとも重要な概念の1つである。妥当性というと「基準連関妥当性」「構成概念妥当性」「内容的妥当性」という3つのタイプがあると一般に説明されることが多い(妥当性の三位一体観)。しかし, 1980年代以降の妥当性研究では, こうした妥当性のタイプ分けは適切ではなく, 「構成概念妥当性」という考え方にすべての妥当性は収斂するという考え方が主流である(単一的な妥当性概念)。本稿の前半では, こうした妥当性概念の歴史的変遷について, 思想的な背景や近年の議論などを踏まえた解説を行った。本稿の後半では, 妥当性に関するより実践的なトピックを取り上げ, 心理測定学的な観点から議論を行った。具体的には, 1. 「内容の幅の広い項目群を用いた尺度作成」というアイディアと伝統的な心理測定学的モデルの矛盾, 2. 「個人間相関」と「個人内相関」を区別することの重要性とその関係, そして3. 心理学における「尺度の不定性」が結果の解釈などに与える影響などについて議論を行った。

    This article discussed the concept of validity from both historical and psychometric perspectives.  We started by describing the so-called "trinitarian view of validity" in a detailed historical context.  This view presumes that criterion-related validity, construct validity, and content validity constitute the "different types" of validity.  We delineated several problems with this view and introduced the more recent "unitary concept of validity," in which the construct validity is viewed as the central theme and subsumes all types of validation process.  We next discussed several topics on practical measurement validation from psychometric perspectives.  These topics include 1) incompatibility between broad-band scales and traditional psychometric measurement models, 2) distinctions and relations between within-person and between-person correlations, and 3) the impact of metric arbitrariness on the interpretation of data.

収録刊行物

  • 教育心理学年報

    教育心理学年報 51(0), 118-130, 2012

    The Japanese Association of Educational Psychology

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003376509
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00057901
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0452-9650
  • NDL 記事登録ID
    023897581
  • NDL 請求記号
    Z7-183
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ